ランゲージコーチングとは

コミュニケーション力、自信のつけ方、
あなたに必要な英語を教えてくれて
サポートしてくれる
それが、ランゲージコーチング

言語の習得はスポーツと似ています。何も考えずに体が勝手に動くまで繰り返す。
その時初めて言語を体得できるのです。

Line.png
SPORTS LANGUAGE
①コーチから正しいフォームを習う
②頭で考えずに体が覚えるまで同じフォームで練習を 繰り返す
③コーチからの指導を受けてフォームや細部を修正
④正しいフォームを習得
⑤ゴールやサーブが十中八九入るようになる
①コーチから正しい(英語)表現を習う
②頭で考えずに身体・口からその表現が自然と出てくるようになるまで繰り返す
③コーチからの指導を受けて発音やイントネーションを修正
④正しい(英語)表現を習得
⑤効果的なコミュニケーションと自己表現が可能となる
 

単純ですが、流暢に話すためには反復練習が必要です。

また、上記の例と同様、正しい(英語)表現というフォームを学び、理解し、習得することができれば、あとは自分自身で応用して使っていけるようになります。

要するに、言語の体得には教室にいる’先生’ではなく、繰り返し繰り返しボディランゲージ・発音・イントネーション・流暢さなどを矯正し指導してくれる

「ランゲージコーチ」が必要なのです。

program_1.png
 

On the Spot Language プログラムは
アクティブラーニングにフォーカス

Line.png
program_2.png

日本では義務教育で長い間英語を学びます。
それなのになぜ、英会話が苦手なのでしょうか?
それは、バランスに偏りがあり、会話経験が極端に不足しているからです。

教室でのリーディング・文法…せっかく海外に来たのに、日本の学校でもできることをやりますか?
『単語をこれだけ覚たら…』『留学生同士の会話に慣れたら…』
さて、いつ準備万端になるのでしょうか?

ラーニングピラミッドを見てわかるように、学習法がより能動的であればあるほど、学習定着率がアップします。
逆に単に参考書を読んで(読書)、授業を受ける(講義)だけでは実際に英語が話せるようになるまでものすごく時間がかかります。

語学は受け身の姿勢では身に付きません。教室の外に出て、ネイティブと会話をし、実際に英語を使ってみましょう!
リアルな経験は感情を伴うことで、記憶されやすいのです。
教室で習った内容をどれだけ覚え、活かせていますか?
OSLでは、街中での実践によって完全に自分のものにします。